Thinkpad G41 で Ubuntu 10.10

今まで Windows XP で使用していた IBM Thinkpad G41 に Ubuntu 10.10 をインストールして使ってみてます。気になることがいくつかあるので自分メモです。

Trackpoint が使えない

デフォルトでは Trackpoint のスクロールボタンが使用出来ずに非常に不便でした。簡単に対応できましたので、以下その方法をメモっておきます。

/usr/share/X11/xorg.conf.d/ に
20-thinkpad.conf を以下の内容で作成します。

Section "InputClass"
    Identifier "Trackpoint Wheel Emulation"
    MatchProduct "TrackPoint"
    MatchDevicePath "/dev/input/event*"
    Driver "evdev"
    Option "EmulateWheel" "true"
    Option "EmulateWheelButton" "2"
    Option "Emulate3Buttons" "false"
    Option "XAxisMapping" "6 7"
    Option "YAxisMapping" "4 5"
EndSection

X再起動。
おしまい。これだけです。


ただし、10.10 ではもっと簡単に出来るようです。
Thinkpad TrackPoint Scrolling in Ubuntu Maverick/10.10 -- I Still Know What You Learned Last Summer


参考URL:
ubuntu 10.04 on ThinkPad X200s トラックポイントでのスクロール設定 - 記録
Thinkpad TrackPoint Scrolling in Ubuntu Lucid/10.04 -- I Still Know What You Learned Last Summer
ここに 10.04 は /usr/lib/X11/xorg.conf.d/20-thinkpad.conf を作成するけど、10.10 は /usr/share/X11/xorg.conf.d/20-thinkpad.conf だよ。との注意書きがありました。


あと、8.x とか 9.x とかで
/etc/hal/fdi/policy/mouse-wheel.fdi を設定する。(Ubuntu Intrepid (8.10)でThinkPadのトラックポイントを有効にする - taiyoh独言)とか、
/etc/X11/xorg.conf を設定する。(第12回 ポインティングデバイスのカスタマイズ(1):トラックポイント・タッチパッドのカスタマイズ|gihyo.jp … 技術評論社)とか、
全く必要ありませんでした。xorg.conf すら必要ないらしいです。


他にも

  • ファンがうるさいからファンの制御をしたい。
  • MS-IME と同じように、Ctrl+I でカナに変換出きるようにしたい。
  • 日本語入力中の Space キーの入力を常に半角にしたい。Shift+Spaceで全角スペース。
  • 変換候補が表示された際に、Shift+Space で戻れるようにしたい。

と、Windows から移行すると気になる点がまだまだありますが、少しずつ直していきたいです。