CentOS 6.x に Google Chrome がインストールできない

CentOS 6.4 に Google Chrome をインストールしようとしたところ、トランザクションエラーでインストールできないじゃないですか!混乱しているあぴゃーです。

f:id:tubapr:20130731140516p:plain

ググってみたところ、すぐにいくつかのエントリーが見つかりました。

 

  1. 2013年2月13日 オブソリートなOSだって?!… Google ChromeはなぜRHEL 6のサポートをやめたのか - gihyo.jp
  2. RHEL6 で google-chrome のアップデートができなくなった

 

古いライブラリがサポートから外されたそうです… 残念ですね。

2. のエントリーに、有志の方が RHEL 系用の rpm とレポジトリを用意してくれた。という追記がありましたので、そのまま以下を実行してインストールしました。

$ wget http://people.centos.org/hughesjr/chromium/6/chromium-el6.repo
# cp chromium-el6.repo /etc/yum.repos.d/
# yum install chromium

すんなりインストールも終了し、拡張機能も問題なく使用できています。

f:id:tubapr:20130731142618p:plain

 

ちょっとびっくりしましたが、以上です。

 

Flash Player の Linux用YUM って何?

何で rpm じゃなくて yum なの?と思ったので備忘録として残します。あぴゃーです。

Linux 用の Firefox に Flash Player をインストールしようとして Adobe の ダウンロードサイト に行ったところ、.tar.gz, .rpm の他に、"Linux用YUM" ってのがありますよね。

何だろう?と思ってダウンロードした adobe-release-x86_64-1.0-1.noarch.rpm をインストールしてもプラグインはインストールされてないわけですよ。つか、この rpm は yum のレポジトリをインストールするための rpm なんだから当然なんですけど。

$ cd /etc/yum.repos.d/
$ ls
CentOS-Base.repo       CentOS-Media.repo  adobe-linux-x86_64.repo  epel.repo
CentOS-Debuginfo.repo  CentOS-Vault.repo  epel-testing.repo

レポジトリ、入ってます。

# yum search flash
Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.riken.jp
 * epel: ftp.kddilabs.jp
 * extras: ftp.riken.jp
 * updates: centosk2.centos.org
epel/pkgtags                                             | 317 kB     00:00     
============================== N/S Matched: flash ==============================
flash-plugin.x86_64 : Adobe Flash Player 11.2

名称が分かったのでインストールします。

# yum install flash-plugin.x86_64
Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.riken.jp
 * epel: ftp.kddilabs.jp
 * extras: ftp.riken.jp
 * updates: centosx4.centos.org
Setting up Install Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package flash-plugin.x86_64 0:11.2.202.297-release will be installed
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

================================================================================
 Package         Arch      Version                  Repository             Size
================================================================================
Installing:
 flash-plugin    x86_64    11.2.202.297-release     adobe-linux-x86_64    6.9 M

Transaction Summary
================================================================================
Install       1 Package(s)

Total download size: 6.9 M
Installed size: 19 M
Is this ok [y/N]: y
Downloading Packages:
flash-plugin-11.2.202.297-release.x86_64.rpm             | 6.9 MB     00:13     
警告: rpmts_HdrFromFdno: ヘッダ V3 DSA/SHA1 Signature, key ID f6777c67: NOKEY
Retrieving key from file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-adobe-linux
Importing GPG key 0xF6777C67:
 Userid : Adobe Systems Incorporated (Linux RPM Signing Key) <secure@adobe.com>
 Package: adobe-release-x86_64-1.0-1.noarch (@/adobe-release-x86_64-1.0-1.noarch)
 From   : /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-adobe-linux
Is this ok [y/N]: y
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
  Installing : flash-plugin-11.2.202.297-release.x86_64                     1/1 
  Verifying  : flash-plugin-11.2.202.297-release.x86_64                     1/1 

Installed:
  flash-plugin.x86_64 0:11.2.202.297-release                                    

Complete!

これで Firefox でも Flash が再生できます。さて、肝心のなんで yum なの?という件ですが、Adobe ダウンロードサイトに以下のメモが。セキュリティアップデートは提供されるそうなので、yum で自動アップデートしてね。ということなのでしょう。

メモ: Adobe Flash Player 11.2 は、プラットフォームとして Linux をサポートする最後のバージョンになります。なお、Flash Player 11.2 for Linux のセキュリティバックポートは引き続きご提供いたします。

Linux でも Chrome 使いなさいよ。ということなんでしょうかね。と思っていたところ、大問題が発生!別エントリーで書きたいと思います。

 

以上です。

衝撃!スマートフォンブラウザーはリファラーを送らない?

Web解析に勤しんでいる皆さん、こんにちは。あぴゃーです。

最近、この前書いたエントリー "Xperia AX のバッテリーが驚くほど長持ちする3つの設定" が Xperia AX で検索すると 3位、4位あたりにランクされるようになりまして、はてなブログ強ぇぇ!ありがたいな!とか思っているわけですが、Analytics で先月のトラフィックを見たら、ノーリファラーが 32% もいるんですよ。
f:id:tubapr:20130521112209p:plain

何かおかしくないですか?おかしいですよね?こんな弱小ブログでブックマークから来る人、メール(ない)、直接URL参照(ありえない)と、ちょっと考えづらいことと、1ヶ月のノーリファラーアクセスの内、ほとんどが Xperia のエントリでしたので、

f:id:tubapr:20130521115122p:plain

ブラウザのトラッキング拒否設定なども含め、Analytics のリアルタイムレポートを用いて、色々と検証しました。

結果、驚くべき結論が出た「っぽい」のでエントリーとして残します。

専門家の方は是非検証して欲しいです。

大部分のスマホブラウザーリファラーを送らない?

PC のブラウザのトラッキング拒否設定をしても、Analytics ではノーリファラーになりませんでした。残るはスマホかな?と思い、docomo Xperia AX (SO-01E)、emobile STREAM X (GL07S) で Google で "Xperia AX" の検索結果からアクセスしたところ、見事にノーリファラーが記録されました。Android 4.x の標準ブラウザーリファラーを送信してくれないようです。少なくとも、Google の検索結果からのリファラーは、Analytics には記録されないようです。

有名どころの Android/iOS ブラウザを調べてみました。なお、すべてのブラウザで http のアクセスであることを確認済みです。(2013/5/21 現在)

Android

Google 検索結果からリファラーを送信してくれるブラウザー
Google 検索結果からリファラーを送信しないブラウザー

iOS

Google 検索結果からリファラーを送信してくれるブラウザー
Google 検索結果からリファラーを送信しないブラウザー
  • Opera Mini 
  • Sleipnir (広告ブロックがオンになってると情報が取れないようです)

iOS は大分マシですね。これがホントだとすると、これからますますスマホでの流入が増えてくるので、あまり喜ばしいことではないですよね。

マジ専門家の方の意見を伺いたいところです。

 

以上です。